履歴書 本人希望欄
2019.07.12掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報履歴書の書き方

「本人希望記入欄」も有効に使って自己PRを

本人希望記入欄の「希望」とは、どうしても譲れない希望のことをいいます。それがなければ、応募企業の意向に沿う
書き方をするのが基本になります。
この欄には、希望職種を必ず明記しましょう。やる気を簡潔に伝えて、自己PRに使うことも可能です。

「ここだけは譲れない・守ってほしい」ことを記入

履歴書用紙の最後に、本人希望記入欄があります。職種・給与・勤務時間・勤務地などに対する希望を書くところですが、
給与や勤務時間に関して、具体的に書くのは避けたほうが賢明です。

「希望給与◯◯円以上」などと書くのは、「それ以下ではいやだ」と言っているのと同じで、良い印象を与えません。
ここでは、例えば「高齢の親と同居のため本社勤務希望」などのように書くようにします。

また、連絡してほしい時間帯があるのであれば、ここに記載しておきます。つまり、これだけば守ってほしい条件を記載する
ということは、その条件を守ることができないと思われると、面接を通過できない可能性が高くなります。しかし、職場の
不一致を防ぐためにも、これだけは守ってほしいということがあるのであれば、明確に記載しておきましょう。

希望職種は必ず書いて自己PRを

この欄で必ず明記しなければならないのは、希望職種です。とくに複数の職種を同時募集している企業に応募する場合は、
それを書いていないと選考から外されることもあります。書き忘れに注意しましょう。

希望職種を書いたら、なぜその職種を希望するのかを具体的に書きます。スペースがあるようなら、簡潔に抱負を盛り込むのも
よいでしょう。最後まで自己PRに努めたいものです。

採用側の意向に沿った書き方を

転職者用の履歴書用紙では、「本人希望」を書く欄が自由記入形式ではなく、項目別になっています。
空欄を作らないために、当然すべての項目を埋めなければなりませんが、「希望勤務地」や「希望給与額」については、
特別な事情がない限り「御社の規定に準じます」とします。

ここで自分の希望を率直に書くのは、避けたほうが無難です。「通信欄」には、転職の可能時期や自分の連絡方法など、
採用側に伝えておきたい事項を記入します。

本人希望記入欄の具体的な書き方

これから本人希望欄の具体的な書き方について解説します。例えば、このように記載します。
「私は、母の介護を行っておりますので、夕方6時までしか働くことができません。19時から、母の介護を行いますので
退席を希望させていただきます。」このように記載しておけば、入社したあとになって、長時間働いてほしいと言われる
ことがありません。

また、連絡希望時間などがあるのであれば、このように記載しておきます。
「私は、子供の送り迎えのために、午前9時までは、電話に出ることができません。10時以降であれば、
連絡を受けることができます。」というように記載しておけば、連絡がつかなかったということが減るでしょう。
本人希望欄は、有効に利用していきましょう。